コラーゲンとの違いを徹底解説!低分子コラーゲンとは?

コラーゲンには大きさがあります

コラーゲンドリンクやサプリメントが出始めたころ、「コラーゲンを口から摂取しても効果なんてない」というような言説を多く見かけました。

しかし現在ではまったく逆に「コラーゲンドリンクはとても効果が高い」ということが常識になっています。

なぜそれまで「効果がない」と言われてきたものが急に「効果がある」と言われるようになったかというと、その理由として「低分子コラーゲン」の発見があります。

コラーゲンとして分類されている物質にも複数の種類があり、それぞれ分子の大きさが異なっています。

低分子コラーゲンとはコラーゲンの中でも分子量が小さなもののことで、体内に入ったときの吸収率の高さが特徴です。

それまで効果がないといわれてきたコラーゲンというのはいわば「高分子コラーゲン」と言われてしまうようなもので、経口で体に入っても分子が大きすぎるので吸収されることがほとんどなくそのまま対外に出て行ってしまっていました。

それが低分子コラーゲンが発見され一般向けに流通することになったことにより、体内にそのまま吸収される高い健康効果を実現することができるようになりました。

通常のコラーゲンの1/500の大きさ

コラーゲン製品の良し悪しをはかる基準としてこの分身の大きさは非常に重要です。

これから使用しようと思っているコラーゲンドリンクやサプリメントがあるなら、そのコラーゲンがどういった性質を持っているかということを確認して分子の大きさがより小さいものを選ぶようにしましょう。

特に現在研究が進められている超低分子コラーゲンでは通常のコラーゲン分子の1/500ほどの大きさとかなり小さくすることに成功しており、それだけ体内への吸収率も高くなります。