毛穴

毛穴はケアをしよう

肌トラブルの中でもやっかいな毛穴トラブル。

多くの女性が、日々の毛穴ケアで悩んでいます。

毛穴に関するトラブルといえば、開きや詰まり、黒ずみなどです。本来、毛穴は閉じているものです。そこで、スキンケアや肌ケアを怠っていたら、肌細胞はどんどん痩せていきます。

そこで、しだいに毛穴が広がっていき、キメも荒くなりトラブルが起こるのです。開いた毛穴には皮脂がつまって、黒ずみの原因にもなります。

毛穴は肌に穴が開いているわけではありません。毛穴部分はほんらい、ぴったり閉じていて凹んでいる部分。

正常な細胞が作られる肌表面、毛穴の表面は虫眼鏡でみてもよくわかりません。皮脂が多く分泌されると、ぴったりと閉じている毛穴から押し出されて、正常らば詰まることもないのです。

細胞の育ちが悪ければ、どんどん毛穴トラブルが起こるのですよ!しっかり毛穴ケア、しておきたいですね。

毛穴のトラブルが起こる原因

育ちが悪い細胞は、乾くと固くなっていきます。

そしてどんどん縮んでいきます。毛穴の空間が大きくなり、そこにトラブルが起こります。肌細胞がしっかりと育ち、角質として完成すれば、トラブルは解消されます。それは、毛穴の空間がなくなるからです。

バリア機能が高まり、皮脂分泌も安定します。そして、皮脂分泌が多くても押し出されて、正常な状態として皮脂がつまることがないのです。しっかり育つ前に、毛穴トラブルが起こってしまう理由、それは、表面の角質が予定より早くはがれてしまうから。どんどん剥がれていくと、バリア機能が弱まり毛穴が開く、そして皮脂が詰まる。

この悪循環を起こしていくわけです。そうならないためには、日々のスキンケアや肌の管理が大切になります。育った肌はトラブルが起こることはありません。しっかり、肌を育てましょう!

正しい毛穴トラブル解消法とは

正しい洗顔をしていますか?

洗顔は、肌ケアの基本中の基本です。洗浄力が少なく、肌に優しい。そして汚れや余分な角質・皮脂をしっかりと洗い落としてくれる洗顔料を使って洗顔しましょう。

クレンジングは大切です。メイクが残っていると、肌の汚れを取ることができません。でも、クレンジングしすぎると肌を弱らせ、毛穴を開かせる原因ですから、注意しましょう。肌の状態を整えて育つ肌を作るには、保湿が大切。角質層のバリア機能を強化し、細胞がしっかりと育つ環境を整えましょう。

そして保湿ケアのあとは、角質層を乾燥から守る、環境を維持するための保水ケアが必要です。毛穴トラブルの原点ともいえる、細胞の育ちが正常に行われる環境を作ること。これが、一番大切なのです。最後に、肌が育つケアをするには、日中の外敵から肌を守ることも欠かせません。肌のターンオーバーは通常1ヵ月です。ターンオーバーによって、積み重ねた肌ケアが生かされます。

正しいスキンケアをしていたら、1か月後には見違えるようなキレイな毛穴が出来上がっているでしょう。日中は、紫外線対策を忘れずにしてくださいね。

脱毛で毛穴にダメージを与えることも


医療脱毛がおすすめの理由とは|Beauty note

最後に、無駄な毛を処理するためにエステに足を運ぶ人も居ますが、脱毛方法によっては肌に大きなダメージを与えることもありますよ。

上図のように、医療機関で行う脱毛処理は、出力の高いレーザーを使うため、毛根までしっかり除去することができます。この医療脱毛であれば、少ない施行で脱毛が済むため、毛穴のトラブルは起きにくくなっています。しかし、エステで使用する脱毛用のレーザーは、医師法により出力の弱いレーザーしか使用することができないため、一時的な処置しか行うことができません。

エステで頻繁に脱毛を行った結果、毛穴から炎症を起こしてしまうこともあります。医療機関であれば、毛穴のトラブルが起きても医師の手で処置を適切におこなってくれますが、エステ機関ではトラブルによる適切な対応を行えないケースも少なくないのです。

エステよりも掛かる費用こそ高めになっていますが、後々トラブルを引き起こすリスクを考慮すると、医療機関で脱毛を行うほうがよいでしょう。