1. >
  2. >
  3. 睡眠不足

睡眠不足

睡眠不足によって肌が荒れる理由

睡眠不足は、肌荒れのもとです。
美肌の天敵と言われている睡眠不足ですが、現代人の多くは睡眠不足な状態にあります。

睡眠が足りている状態では、睡眠中に成長ホルモンが分泌されます。
そして、肌や体調が整いやすくなるのです。

成長ホルモンは、身長を伸ばす、ためだけの働きをするのではありません。
成長期の子供にとっては成長ホルモンによって身長が伸びる作用を得られます。
ですが、大人は違った影響をもらうのです。

大人にとって成長ホルモンは、体の機能を正常に働かせて、維持してくれる存在。
生きていく中では欠かせないホルモンです。

睡眠不足は、この成長ホルモンの分泌を妨げます。
代謝が悪くなり、病気になりやすい体となるのです。
体が上手く機能しなくなれば一番早く症状が出るといえば肌荒れです。
ターンオーバーの機能が乱れることはもちろん、古い角質が剥がれ落ちにくくなりま宇s。

体全体の血流が悪くなり、しわやシミができやすく、ニキビが中々治らない肌になるでしょう。
睡眠不足によっていいことなんて、一つもないのですよ。

美肌を生むエンジェルタイム

あなたは、「眠る」ことと「起きておく」こと、どちらを重視しますか
多くの方は、現代にある娯楽に影響され、もしくは日々の多忙に追われ、起きていることを選択してしまっています。

眠ることって、人間にとってとても大切なことです。
美肌を生み出す時間帯というものがあります。
ゴールデンタイムやエンジェルタイムといわれていますが、ゴールデンタイムは22時から夜中の2時のこと。
そしてエンジェルタイムとは、入眠した後の3時間のことです。

22時までに就寝するのは難しいかもしれません。
でも、眠った後の3時間を質の良い時間にすることはとても簡単です。

入眠後の質を高めて、睡眠不足を解消しましょう。
そして、肌に良い睡眠生活を送りましょう。

睡眠中の肌をいたわろう

睡眠中は、血流量が増えます。
そして、リラックスして副交感神経を高めます。

この時間にしっかりと肌をいたわる睡眠ができるように。
寝る前にはしっかりスキンケアを行い、眠っている間に肌ケアができる環境を整えておきましょう。

大切なのは、洗顔です。
人は洗顔によって、その日1日の汚れや肌の不要なものを落としていきます。

そこで、最近では忙しさのあまり、メイクを落とさずに眠る方もいます。
メイクをしっかり落として体をリラックスモードに変えて就寝するようにするだけで、肌をいたわる睡眠をとることができます。

また寝具も大切です。不潔なシーツや、へたってしまった布団だと安眠できません。
寝具は自分の体に合ったものを選ぶことが大切なので、価格よりも品質重視で選びましょう。
例えば高級な羽毛布団は10年保証がついていたりするので、一時的には大きな出費でも、長期的に見るとお得なことがあります。
長期10年保証の羽毛ふとん
様々な寝具を探して、店頭で触り心地を試してみましょう。

人によって、その日に必要な睡眠時間は異なります。
1日4時間眠るだけで足りる方もいれば、9時間寝ないと足りない方もいます。

自分に必要な睡眠時間はどのくらいか?
日々の睡眠習慣から計算して、寝不足にならない程度の睡眠時間を確保するようにしましょう。”