美顔器で顔のたるみを解消する方法

たるみの原因は紫外線による乾燥

人の顔年齢を大きく変化させるのが「シワ」や「たるみ」です。

シワの中でもとりわけ目立つ存在となるほうれい線や目の下のくぼみ、額の横ジワといったものはすべて顔全体がたるんで皮膚が余るようになってしまうことによって起こります。

年齢が高くなってくると肌に触れても弾力がなく、まるで空気の抜けた風船のような手触りになります。

昔はぴちぴちだった肌にたるみが起こってしまう理由は「乾燥」です。

肌に触れたときに感じる弾力のもとは皮膚の奥にある細胞に含まれている水分で、十分に保湿をする力がある子供のときには一つ一つの細胞がふっくらとしておりそれがみずみずしい印象になります。

それが加齢とともに肌の奥の細胞で水分をとどめておく力が不足してくるとその分皮膚の表皮があまってだらんと垂れた状態になってしまいます。

これこそが顔全体のたるみの原因であり、ひどくなってくると頬の肉が落ちることで目の下のくぼみやほうれい線を作り出すことになります。

言い換えるならば将来顔にたるみを起こさないようにするためには、若い時期から適切な保湿ケアをしていくことが大切です。

保湿ケアとしてはコラーゲンやビタミンC誘導体が含まれる美容液を浸透させていくということがありますが、あまりにもたるみが進行しすぎてしまうとなかなか効果が実感できなかったりもします。

そこでより短期間で大きな効果を得るために使用されるのが「美顔器」です。

美顔器の種類と選び方

美顔器はエステサロンやクリニックで使用されているような1台数十万円~数百万円もするようなものから、家電量販店でも簡単に買えてしまう数千円~数万円くらいのものまでピンキリで存在しています。

しかし案外価格の高低に関係なく、人気の高い美顔器で使用されている技術はほとんど変わらなかったりします。

自分にあった適切な美顔器を選ぶためには、まずはその製品がどういった原理で動き肌にどんな影響を与えるかということを理解しておく必要があります。

現在一般的に販売されている美顔器としては「イオン導入器」や「超音波美顔器」、「スチーマー美顔器」「レーザー美顔器」といったものがあります。

他にも専門的なものになると「光美顔器(フォトフェイシャル)」や「炭酸美顔器」「低周波美顔器」といったものも使用されています。

美顔器は今や家電製品でも大人気のジャンルですので、毎年新しい技術を使用したものが登場しているというのが現状です。

目新しい技術のものを試すのもよいですが、ある程度先に使用した人がおり効果を実感した例があるものを選ぶのがよい方法と言えるでしょう。

最初に試すならイオン導入器がおすすめ

美顔器製品のうちもっとも流通数が多く、使用されてきた時間が長いのがイオン導入器です。

これは市販されている小型のものもあれば、医療現場でも使用されているものもあるというかなり幅広い商品ラインナップになっているので、初めて使用するという人にもお手頃です。

イオン導入器のしくみは肌に触れさせることで弱い電流を流し、美容成分を合わせて使うことで肌の奥に浸透させることができます。

つまり他に自分が愛用している美容液などがあった場合、それを塗ってすぐにイオン導入器を使用するとそれがどんどん肌に浸透していくことになるのでより高い効果を得ることができるというわけです。

非常に便利なイオン導入器なのですが、機械そのものが美顔性能を持つというわけではないので人によっては「本当に効果があるのかわからない」と不満を感じることもあるようです。

ですが有名メーカーのものなどはしっかり実験もされており、口コミも多く報告されているのでそれら情報を集めてどれにするかを選んでみてください。